埼玉でインプラント治療を行う際におすすめの歯科・専門医を口コミや評判を含め比較形式でご紹介!

インプラントとブリッジの違いって何?

公開日:2019/04/18  

もし虫歯になってしまった場合、歯科医院で速やかに治療を行うことが大切です。

そして虫歯の状態によってインプラント治療やブリッジが行われる場合がありますがこの違いはどのようなところにあるのでしょうか。

それぞれの治療の特徴についてなど詳しく説明しているので気になる人はチェックしてみましょう。

 

見た目も自然なインプラント治療

健康な歯は長く良い状態を保つことが大切です。しかしもし虫歯が進行してしまえば歯を削ったりきちんと治療を行うことが大切です。

そんな虫歯治療を受けることができる歯医者さんが埼玉には多数あります。もし歯に違和感を覚えた場合はできるだけ早く相談に行きましょう。

また、虫歯治療を受ける場合、虫歯の進行状態によってインプラント治療やブリッジを被せての治療を受けることができます。ではこの二つの治療法にはどのような違いがあるのでしょうか。

まずインプラント治療は顎の骨に歯根を埋め込む外科手術を行い、そこに人工の歯を装着する治療方法です。この治療は虫歯で歯を失ってしまった場合など抜け落ちてしまった歯の代替えとしておすすめの治療です。

この治療は抜け落ちてしまった部分に直接歯根を埋め込むため、他の健康な歯を削ることなく人工の歯を装着することができます。見た目もまるで本物の歯のように違和感なくつくることができるので、見栄えも大変良くなっているでしょう。

また、例えインプラントにしたとしても噛む力もしっかり出すことができるので、歯を失う前とほとんど変わらない力で食べ物を食べることができます。

治療期間は骨の状態により変わってきますがだいたい3ヵ月から6ヵ月程度掛かります。なぜこのくらいの期間が掛かってしまうのかというと人工の歯を装着するためには骨に歯根を挿入しなければいけません。しかし骨量が足りなかったり口腔環境が悪い状態であればきちんと治療を行うことができなくなってしまいます。

そのため、まず最初にカウンセリングを行い口腔環境をチェックし、きちんと状態が改善し口腔環境を整えてから治療が開始されます。また、歯根を骨に固定した場合でもきちんと結合するまである程度時間が掛かってしまうでしょう。

定期的に結合具合をチェックしながら治療が進められるのでその分治療期間が長くなってしまいます。きちんと結合さえすればしっかり安定性が保たれ、歯周病など問題が起きなければ半永久的に使用することができます。長く快適な状態を保つことができるのもこの治療の特徴ではないでしょうか。

 

安価で治療期間が短くて済むブリッジ

ではブリッジの方はどうでしょうか。まずブリッジとは、歯がない部分を埋めるために失った歯の両隣の健康な歯を削り、橋を架けるようにクラウンを被せ失った歯を補う治療法になります。インプラントと違って健康な歯も削らなくてはいけないというところが大きな違いではないでしょうか。

また、保険適用外にはなりますがセラミックなどの素材を選ぶことで見た目には違和感のない歯を手に入れることができるでしょう。失った歯の部分にブリッジを乗せるだけになるため、その分噛む力は弱くなってしまいます。その結果歯がない部分の骨が弱くなってしまい骨吸収が進んでしまうでしょう。

ただし、治療は短期間で行うことができるので忙しい人でも安心です。また基本的にインプラントが自由診療で保険適用外になるのに対しブリッジであれば条件によって保険が適用されるものもあるので安く治療を受けることができます。

短期間で失った歯の部分を埋めることができるので選ぶ人も多くなっているでしょう。

このように二つの治療法にはいくつか違いがあります。どちらの治療が適しているのかは条件などにより変わってくるでしょう。また状態によってはそれぞれ適さない場合もあるのできちんとドクターに相談することをおすすめします。

失った歯の部分を補うためには他にも入れ歯などの手段があります。しかし入れ歯の場合、噛む力が弱くなってしまったりお手入れに時間が掛かってしまう場合もあるでしょう。

こちらも保険適用される点や治療期間が短いというメリットがありますが、それぞれの治療のメリットとデメリットをきちんと比較した上で治療を進めることをおすすめします。

 

スキルと実績のあるドクターがいる歯科医院を選ぼう

歯を失うということは大変なことです。少しでも健康な歯を維持するためには日頃から口腔環境を良くするためのケアをきちんとする必要があるでしょう。

健康な歯を維持することで食べ物をおいしく食べることができ、毎日の生活を豊かにすることができます。歯を失ってしまえば食べ物を食べるのに苦労したり、それが原因で他の歯にも影響が出てしまう場合もあるでしょう。そのため毎日しっかりと歯磨きをして少しでも虫歯のリスクを少なくすることが大切です。

それぞれの治療方法には様々な違いがありますが、噛む力であったり見栄えであったり、より自分の歯に近い仕上がりを手に入れることができるのはインプラント治療です。

治療後のケアを怠らず口腔環境を常に良くしておくことで長持ちさせることができ、より良い状態を保つことができるでしょう。そのためには毎日のケアにプラスして歯科医院での定期的なチェックが必要になります。

そのためには信頼できる歯科医院を見つけて治療を行うことが大切です。埼玉にはそんな歯科医院がたくさんあり、より良い治療を提供してくれます。それぞれの歯科医院で治療の進め方や流れが異なるので、より安心して治療を受けることができるところを見つけましょう。

中には専門的なスキルや知識を豊富に持ち、インプラントに特化した歯科医院もあります。この治療にはドクターの技術力も欠かせないので、腕の良いドクターがいるところを見つけることが大切です。また治療をするための設備が充実しているか、アフターフォロー体制はしっかり整えられているかも重要です。

この治療は手術を伴う治療になるため、オペの設備であったり十分な治療の実績があるところを選ぶことをおすすめします。さらに専門の衛生士などいるところを選べばさらに安心して通うことができるのではないでしょうか。

できれば歯を失わないことが一番良いことではありますが、虫歯などで歯を失ってしまう場合もあるでしょう。その失った歯を補うためには様々な治療法がありますが、まずはきちんと口の中の状態をチェックしてもらいベストな治療を受けることが大切です。

そのためには歯科医院選びが重要な鍵を握るので、経験豊富でスキルの高いドクターがいるところを見つけましょう。

 

抜けてしまった歯を埋めるためにはインプラント治療とブリッジを被せる方法があります。それぞれ治療期間であったり、治療後の噛む力など違いがあるでしょう。

本物に近い歯を手に入れたいのであればインプラント治療がおすすめです。治療後、口腔環境が良く歯周病などにならなければ長く良い状態を保つことができ、これまで通りおいしく食べ物を食べることができます。

治療を受ける場合は腕の良い実績が豊富なドクターを選ぶことをおすすめします。また、治療のための設備が充実しているか、アフターフォロー体制はどのようになっているのかなどもしっかりチェックした上で自分に合った歯科医院を選ぶようにしましょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
【埼玉】インプラント歯科医院ランキング!
浅賀歯科医院の画像
第3位 みさわ歯科
記事一覧