埼玉でインプラント治療を行う際におすすめの歯科・専門医を口コミや評判を含め比較形式でご紹介!

インプラントの耐久性は?長持ちさせるコツとは?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/05/28

インプラント治療を受ける際に気になる点の1つが、耐久性はどのようになっているのかという点です。

高い費用を払って治療を受けるのにも関わらず、すぐに人工の歯が抜けてしまうことがあればお金が無駄になってしまいます。

そこで長持ちさせるための方法を把握しておきましょう。

 

半永久的に利用することが可能な人工歯

インプラント治療はお金がかかるので、実際に手術を受けるかどうか迷っているという方もいるでしょう。そのような場合のポイントになるのが、支払った費用分の効果が期待できるのかという点です。

手術代で50万円以上支払ったのにも関わらず、1年ほどで歯が抜けてしまったらお金の無駄と感じる方も多くいるでしょう。その一方で50年以上長持ちさせられれば、支払った額分の効果が期待しやすくなります。

虫歯治療に入れ歯を選択した場合、定期的に新しく作り直す必要が出てきます。一方でインプラントの場合であれば、一度治療を行ったらそのまま生涯使い続けることも可能です。

過去の例で見てみると、死ぬまでの間の半世紀近く人工歯で生活ができたというケースも見られます。もちろん何もしなくても長持ちするというようなものではありません。

長持ちさせるためには、複数のポイントが存在しているので注意すべき点を把握しておきましょう。注意点を把握したうえで行動することで、コストパフォーマンスの高い治療を受けることにつながります。

治療のやり方が悪いと、長持ちさせにくくなるので信頼できる歯科クリニックを選ぶようにしましょう。例えば歯科クリニックを選びのポイントの1つに、設備が整っているのかという点があげられます。

手術を伴う治療になるため、設備が整っていない環境のクリニックだと安心して任せられません。安心して治療を任せるためにも、歯科クリニックのホームページなどで設備に関する情報を集めることも大切です。

ほかにも経験豊富な歯科医かどうかも、治療について考えるうえで大切なポイントの1つです。治療の経験が豊富な歯科医であれば、安心して任せやすくなります。過去の治療経験などの実績や、実際に治療を受けた方からの評判などを参考にして考えていくことも忘れてはいけません。

 

毎日の積み重ねが長持ちさせるためのコツ

インプラントの歯を長持ちさせられるかという点は、歯科クリニックの治療技術だけで決まるわけではありません。歯科医が問題のない治療をしたとしても、その後の自分の生活に問題があればすぐに人工歯が抜けてしまうなどのリスクがあるので注意が必要です。

そこでどのような点に注意して生活をしたらいいのか把握しておきましょう。人工歯は虫歯になることがないので、歯磨きはしなくていいと考えている方もいるかもしれません。

ですが口の中を清潔な状態に保つことは、人工歯を長持ちさせるためにも必要なことなのです。そもそもインプラント治療を行ったきっかけとして、虫歯による歯の欠損をあげる方も多くいます。

虫歯で歯を欠損したということであれば、歯磨きのやり方に問題がある可能性もあります。もしも歯磨きのやり方が悪いと、別の歯が虫歯になるもしくは歯周病にかかるなどのリスクが大きくなるので注意が必要です。

例えば歯周病になってしまった場合、せっかく高い治療費を出して人工歯にした部分にも影響が出る可能性が生まれます。治療した後の歯を長持ちさせるためにも、日々の歯磨きをしっかりと行うようにしましょう。

自分の歯磨きのやり方に自信がないという方であれば、専門家に相談するのも1つの手です。歯科クリニックには歯科医のほかにも歯科衛生士が勤務しているので、そのような方に歯磨きのやり方を相談するようにしましょう。

また歯ブラシを定期的に交換することも、歯をきれいに磨くためのコツの1つです。歯ブラシの毛が開きすぎてしまうと、上手に磨けないうえに歯茎を傷つけやすくなるなどのリスクも生まれます。きれいに磨くためにも、定期的な歯ブラシの交換が欠かせません。

さらに歯ブラシは自分に合ったものを選ぶことも大切です。個人の歯並びなどの条件に応じて、適切な歯ブラシには違いがあります。自分に合った歯ブラシを選びたいという場合にも、専門家に相談して選ぶようにしましょう。

歯ブラシ選びではサイズや毛の硬さなどさまざまな点に注目して総合的に選ぶことも必要です。安さだけで選ばず、自分に合ったものを選ぶことでインプラントの歯を長持ちさせやすくなります。

 

定期的なメンテナンスに通うことが大切

治療を受けたインプラントの歯を長持ちさせるためには、毎日の歯磨き以外にも行うべきことが存在しています。それが定期的に歯科クリニックへ行ってメンテナンスを受けるという点です。

定期的に適切なメンテナンスを受けることによって、長持ちさせやすい環境を作ることにもつながります。ここで気になる点の1つが、定期的なメンテナンスはどのようなことが行われるのかという点です。

まず行われるのが、歯科医が噛み合わせに問題がないかチェックするという点です。噛み合わせに問題があると、歯ぎしりなどで歯を痛める原因になるケースも見られます。また健康な歯を傷つけてしまう可能性もあるため、噛み合わせをチェックすることも欠かせません。

また歯科衛生士による口腔内のクリーニングホームケアの指導も合わせて行われています。自分では丁寧に毎日の歯磨きを行っているつもりでも、それだけでは落とせない歯垢が蓄積してしまうことがあります。歯垢がたまると歯周病などにかかりやすくなってしまうので、定期的にクリーニングを行ってもらうようにしましょう。

合わせてホームケアの指導も行ってもらえるので、毎日の歯磨きで気になる点があったらこの機会に相談することが大切です。実際に埼玉の歯科クリニックでインプラントのメンテナンスを受ける場合には、どのような点に注意したらいいのでしょうか。

その際の注意点の1つとして、安心して利用できる環境なのかという点があげられます。しっかりとメンテナンスを行ってもらうために、信頼できるクリニックかどうかもポイントの1つです。

信頼できるクリニックか判断するために、実際に利用した経験がある方の評判を参考にするのも1つの手です。利用者からの評判が高いクリニックであれば、安心してメンテナンスを任せることにもつながります。

また数ヶ月に1度ほどの頻度で通うことを考えた場合、無理なく行ける範囲の場所を選ぶようにしましょう。歯科クリニックだけでも埼玉には数多くの選択肢があるからこそ、比較して自分が問題なく利用できるとことを選ぶことが大切です。

家の近くの歯科クリニックを選べば、トラブルがあったときにもすぐ相談できます。

 

インプラント治療を受けた後の人工歯を長持ちさせるために大切な点の1つが、より良い環境で治療を受けるということです。治療に問題があったら、長持ちさせにくくなるので注意しましょう。

そして長持ちさせるためには、日々の努力も欠かせません。毎日の歯磨きを丁寧に行うことで、口腔内を清潔に保ち、歯を長持ちさせることにもつながります。

ほかにも歯科クリニックでの定期的なメンテナンスも必要になるので、口腔内のクリーニングを行ってもらったうえでより良い状態を保てるようにすることが大切です。

おすすめ関連記事




サイト内検索
【埼玉】インプラント歯科医院ランキング!
浅賀歯科医院の画像
第3位 みさわ歯科
記事一覧