埼玉でインプラント治療を行う際におすすめの歯科・専門医を口コミや評判を含め比較形式でご紹介!

インプラント治療前後に注意する点とは?

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/28

他の歯に負担を掛けずに使用することができるインプラントですが、まるで本物の自分の歯のような見た目を手に入れることができるのでおすすめです。

しかし実際に治療を受ける際は、治療前後の注意点がいくつかあります。

それは一体どのようなことなのか詳しいその中身を紹介しましょう。

 

治療を受ける前に気をつけたいこと

体内に埋め込む医療機器や材料のことをまとめてインプラントと言いますが、治療は骨の中にチタンなどでできた人工の歯部やねじなど挿入しそこに人工歯を被せていきます。外科手術を伴う治療になり、ある程度期間を要して治療が行われるでしょう。

歯を失ってしまった際に大変役立つ治療法になりますが、治療を受ける場合はいくつか注意しなければいけないことがあります。まずこの治療は誰でも受けることができるという訳ではありません。条件によっては治療できない場合もあるので注意が必要です。

受けることができない場合の例として人工歯部を埋め込むための骨量が足りていない場合があります。歯周病の影響や歯が抜け落ちてしまった状態が長く続いている場合など骨自体が痩せてしまっている場合があるでしょう。

それではきちんと埋め込手術をすることができないので先に骨を補うための治療が行われます。骨造成後改めて治療が開始されるのでその場合は通常よりも治療完了まで期間を要してしまうため注意が必要です。

また、たばこを吸う喫煙者も注意が必要でしょう。たばこを吸うことにより歯茎の毛細血管が収縮してしまい血行が悪くなってしまう可能性があります。血行が悪くなることで患部の治りが悪くなってしまったり骨と人工歯部の結合が悪くなってしまうことも考えられます。

それではうまく治療を進めることができないばかりか治療自体できなくなってしまう場合もあるのでこの治療を希望する人はその段階から手術後数か月間はたばこを控えることをおすすめします。

また、口腔環境を良くしておくことも治療を受ける上で大切なことです。虫歯や歯周病などがあると治療を行えません。まずは虫歯などの改善から行わなくてはいけなくなってしまうので普段から口腔環境には注意しておきましょう。

歯磨きもしっかり行い磨き残しのないように普段から気をつけておくことが大切です。より良い口腔環境をつくることが治療を早く終わらせることにつながりしっかり人工の歯を固定することができるので、毎日のケアを怠らないようにしましょう。

 

口腔環境を良くするために治療後も注意しよう

しっかり骨に固定することができる人工の歯ですが、中には治療後脱落してしまう場合もあります。その原因としては骨に何らかの問題が発生した場合です。

骨が健康な状態であれば治療後も変わらずしっかりと固定することができますが、骨が痩せて少なくなってしまえば脱落のリスクが高まってしまうでしょう。また、口腔環境が悪くなることでインプラント歯周病になってしまう場合もあります。

天然の歯の場合歯根膜がありますが人工の歯の場合は歯根膜がありません。その結果血液循環が悪くなってしまったり、口腔環境が悪ければ感染するリスクも高まってしまうでしょう。

そのため治療後は常に口腔環境を意識してしっかり歯磨きを行いましょう。毎日の歯ブラシにプラスをして歯間ブラシを併用したり洗口剤など使用するのもおすすめです。

使用することで歯の磨き残しをなくすことができあるので安心です。口腔環境はこれまで以上に注意する必要があるでしょう。それが長持ちさせる秘訣であり、脱落を防止するための手段なので毎日しっかりケアを行いましょう。

また、歯周病などになってしまった場合、治療ヵ所の神経がないため自覚症状がない場合も多くあります。その場合、気づくのが遅れてしまう場合もあるので、治療後も定期的にチェックをしてもらうことをおすすめします。定期的にチェックをしてもらうことで歯周病が進行していないかなどきちんとチェックしてもらうことができます。

またトラブルの早期発見にもつながるのできちんと歯科医院に通うことをおすすめします。また、もし治療後噛み合わせに違和感を覚えたり何かあればすぐに歯科医院で相談をしましょう。

そのまま放置することで後々大きな問題になってしまう場合も中にはあります。少しでも何かおかしいと感じたらすぐにドクターに相談をして歯の状態をチェックしてもらいましょう。

 

安心して治療を続けるためにも歯科医院選びが重要

このようにインプラント治療を行った前後でもいくつか注意しなければいけないことがあります。しっかりと骨部に固定するためにも口腔環境の改善が必須になるので、治療を考えている人は普段からしっかり歯磨きを行い、口腔環境を良くする努力をしましょう。

口腔環境が良い状態を続けることができれば、インプラントを長持ちさせることができ半永久的に自分の歯のように食べ物を食べたりすることが可能です。また、治療には半年くらい掛かってしまう場合もあるので安心して通うことができる歯科医院を見つけることが大切です。

きちんと治療前後で説明をしてくれるか、こちらの相談に対して的確な答えを出してくれるドクターであるかどうかも重要です。きちんと治療を続けるためにはドクターとの信頼関係も大切になってくるので、意思疎通がきちんと行えないドクターでは今後に不安が残ります。

また豊富な知識と技術力が必要になる治療です。専門的な知識や資格をきちんと持っているのかもドクター選びの参考にしましょう。

豊富な知識を持つドクターに治療の依頼をすることで最高の仕上がりを手に入れることができるでしょう。口コミでの評判であったり、持っている資格やこれまでの実績などまずはきちんと調べてから歯科医院を利用することが大切です。

治療が開始されてからではなかなか他の歯科医院に移ることが難しくなってしまうので選ぶ段階から情報収集して信頼できる歯科医院を見つけることをおすすめします。

 

抜け落ちてしまった歯を補うことができるインプラント治療は見た目の良さと使い勝手の良さから大変おすすめです。きちんと治療を受けるためには口腔環境に注意しなければいけません。

普段からしっかりお手入れをすることが大切です。そうすることでしっかり骨に固定することができ、脱落を防止することができるでしょう。

また安心して依頼するためにも信頼できる歯科医院選びが重要になってきます。技術力に優れ専門的な知識を豊富に持つドクターがいるかどうかもチェックすることが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【埼玉】インプラント歯科医院ランキング!
浅賀歯科医院の画像
第3位 みさわ歯科
記事一覧