埼玉でインプラント治療を行う際におすすめの歯科・専門医を口コミや評判を含め比較形式でご紹介!

インプラント治療を行うメリットとデメリットって?

公開日:2019/04/18  

埼玉でインプラント治療を検討している人も多いでしょうが、興味はあるものの実際にどんな治療方法なのか分からないという人も少なくないでしょう。

まずは、この治療方法にどんなメリットやデメリットがあるのかということを知っておくとよいといえます。

 

咀嚼能力や見た目が優れているというメリット

歯科におけるインプラントとは、顎骨に人工歯根を差し込み、その上に人工歯を取り付けるという治療方法になります。加齢や事故といった何らかの理由によって歯を失ってしまった場合に、それを補うために行われる治療方法の一つだといえるでしょう。

失った歯を補う方法には、他にも入れ歯やブリッジ治療といったものがありますが、これらの方法は歯の上部を再現することは可能でも、歯を支える歯根部分まで再現することはできません。ですので、歯根部分まで再現し、より本来の歯に近い形にできるという点が、他の方法との根本的な違いでありメリットだということがいえるでしょう。

歯というのは、食べ物を噛むために必要なものであり、それが失われると十分な咀嚼ができなくなって、上手く食べ物が飲み込めなくなったり、消化がしにくくなったりします。

しかし入れ歯の場合は、天然の歯と比べると、噛む力が10分の1~5分の1程度に落ちてしまうといわれているため、十分な咀嚼の機能を得ることはできません。その点、人工歯根を差し込む方法であれば、天然の歯に近い咀嚼能力を取り戻すことが可能になるのです。

そして食べ物を噛むという行為は、単に物を砕くということだけでなく、食べ物を味わうことにも深く関係しています。食べ物は味だけでなく、歯ごたえがどうかということも味わいの決め手となっていますが、入れ歯の場合はそうした歯ごたえを味わうことは難しいでしょう。

ですが、顎骨に人工歯根が固定される方法なら、そうした歯ごたえまでしっかりと味わうことができるため、毎日の食事を十分に楽しむことができるようになるのです。そしてこの治療方法は、歯の咀嚼能力に関することだけでなく、見た目も良くすることができるというメリットがあります。この治療方法では、見た目が天然の歯に近くなるような素材が使われるため、審美性にも優れているのです。

ブリッジ治療の場合は、部位によっては金属の素材しか保険が適用されないため、そのケースでは、ギラギラした金属が目立ってしまうこともあります。そして部分入れ歯の場合は、装着するのに必要な金属のバネが目立ってしまうことがあるので、見た目はあまり良いとはいえないでしょう。

歯というのは、喋ったり笑ったりするとどうしても見えてしまうため、金属の素材や部品を使ったもの装着していると、それが目立ってしまうことがあります。ですので、人に合う機会が多いという場合や、審美性にこだわりを持っている場合はインプラントが向いている治療方法だといえるでしょう。

 

他の歯に負担を掛けないなどのメリットも

インプラントというのは、先ほど紹介したように顎骨に人工歯根を埋め込む方法なので、1本1本の人工歯が独立している状態になるという特徴があります。そのため、周囲の歯に負担を掛けることがありませんし、他の歯の健康状態を害することがないのです。

ブリッジ治療の場合は、義歯を装着するのに隣り合う歯を削る必要があるので、健康な歯に余計な負担を掛けることになります。歯を削って義歯を被せてしまうと、その歯が二次的な虫歯になってしまったり、または冷たいものを飲んだり食べたりした際に沁みやすくなったりすることがあるのです。

そして部分入れ歯の場合は、バネで隣の歯に固定する必要があるため、固定源になっている歯に負担が掛かってしまい、歯の健康状態を害してしまうことがあります。

ブリッジ治療や入れ歯は、歯の機能を取り戻すための方法ですが、そのことによって別の歯が悪くなってしまったら本末転倒ですし、さらにその悪くなってしまった歯の治療も必要になります。その点、人工歯根を埋め込む方法であれば、ブリッジ治療や入れ歯のように、周囲の歯への負担を心配する必要がありません。

ですので、全体の歯の健康を維持するという観点から見ても優れた治療方法だということが言えるでしょう。さらに、歯の健康ということに関して言えば、歯を支える顎骨が痩せてしまうのを防ぐことができるという点もメリットだと言えます。

顎骨というのは、歯を失ってしまったせいで咀嚼による刺激がなくなると、少しずつ痩せていくという性質があります。しかし人工的に歯根を埋め込む方法であれば、顎骨に刺激を与え続けることができるため、骨が痩せるのを防ぐことができるのです。

またその他のメリットとしては、部品交換が可能なので、一部が欠損してもその部分を交換することで使い続けることができるということが挙げられます。構造としては、主に人工歯根と人工歯の部分、そしてその2つを繋ぐネジの部分に分かれており、それぞれの部分に分解することができるようになっています。そのため、例えば人工歯が欠けてしまった場合でも、全てをやり直す必要がなく、問題のある部分を交換するだけで済むのです。

 

手術が必要で治療費が高額になるというデメリット

インプラントのデメリットとしては、人工歯根を顎骨に埋め込むための手術が必要になるということがまず挙げられるでしょう。ブリッジ治療や入れ歯の場合と比較すると、やはり体への負担が大きくなってしまいますし、全身疾患を持っている人については治療自体が受けられないケースもあります。

しかし手術と言っても、麻酔を打って行われるため痛みは少ないと言えますし、あるいは、親知らずの抜歯をする際と同じ程度の痛みや腫れで済むとも言われています。そしてこの治療方法は、ブリッジ治療と比べると、治療に掛かる期間が長くなってしまうという点もデメリットです。

治療期間は、口の中の状態や治療する部位によって差が出てきますが、4~6カ月程度かかるのが一般的だと言われています。これは、人工歯根が骨としっかり結合するまでに時間が掛かるからであり、治療方法の性質上仕方のないことだと言えるでしょう。

さらにこの治療方法は、長い期間使い続けるためには定期的なメンテナンスが必要になるという点もデメリットです。人工歯自体が虫歯になることはないのですが、歯周病のような病気になるケースもあるため、定期的なメンテナンスや受診が必要になってくるでしょう。

そして費用面に関しては、自由診療となっているため保険がきかず、費用が高額になってしまうという点がデメリットだといえます。実際の費用については、医療機関によっても異なりますが、手術代や人工歯代などを合計した金額が1本あたり40万円程度になるのが相場です。

ただし、医療機関のホームページなどに掲載されている金額は、全てを合計した費用かどうか分からない場合もあるため、全体でいくらになるのかということをしっかり確認しておくことが重要でしょう。また、医療機関によっては分割払いが可能なところもあるので、一度に支払えない場合に利用すると便利です。

 

インプラントのメリットとしては、他の方法と比べて咀嚼がしやすくなることや、見た目が天然の歯に近いため審美性に優れていることが挙げられます。そして、他の方法のように隣接する歯に負担を掛けずに済むという点も大きなメリットだといえるでしょう。

一方のデメリットとしては、手術が必要になるため体への負担が大きくなることや、治療期間が長くなってしまうこと、そして保険がきかないので費用が高額になってしまうことなどが挙げられます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【埼玉】インプラント歯科医院ランキング!
浅賀歯科医院の画像
第3位 みさわ歯科
記事一覧