埼玉でインプラント治療を行う際におすすめの歯科・専門医を口コミや評判を含め比較形式でご紹介!

インプラントでも歯周病になってしまう?

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/28

歯周病自体は決して珍しい病気というわけではなく、成人の多くがその症状を抱えています。

そのためインプラントを行いたい時は、まずは歯周病を良くしてからとなります。

では、治療後に関してはどうなのでしょうか。

 

歯垢によって引き起こされる感染症が歯周病

そもそも歯周病は、歯に付着している歯垢が大きく関係しています。歯垢自体は決して珍しいものではありませんが、実は細菌の塊で1グラムあたり1000億個以上の細菌がいるといわれるほどです。

もちろんただ単に細菌が増えていくだけであれば見た目が悪いとか、あまり綺麗な感じがしないというだけかもしれません。しかしこれらの細菌は増殖していくだけでなく、実は酸を作り出し、歯の表面のエナメル質を溶かしてしまいます。

これによって引き起こされるのが虫歯で、どんどんその症状が悪化していくと抜歯が必要となる場合もあるので注意しましょう。また、細菌は虫歯を作るだけでなく、実は歯肉に炎症を起こしてしまい、腫れさせてしまうこともあります。

このように歯肉が炎症を起こしたりする感染症が、いわゆる歯周病で、放置しておくとどんどん症状が進行し、歯を支える歯槽骨を溶かしてしまいます。その結果歯が動くようになってしまい、最終的には抜歯しなければならなくなる場合も珍しくありません。

また歯垢自体は取り除かなければその場所に止まってしまい、その後は固くなって歯石に変化していきます。歯石自体は歯ブラシでは取り除けず、さらに歯周病を進行させる毒素を出し続けるので十分注意しましょう。

 

人工の歯には歯垢がついても発生しない虫歯

日本人の歯を失う原因の一つが歯周病で、特に年齢が上がるとその傾向が顕著になっていきます。その原因となるのが歯の汚れ、つまり歯垢で、そのまま放置しておくと酸を発生させて歯の表面を溶かして行ってしまいます。

ただ、あくまでも溶かすのは天然の歯で、つまりもともと自分に生えている歯であり、人工の歯というわけでありません。だからインプラントを行なった場合、人工の歯を装着することになりますが、そこに歯垢がついたからと言って虫歯になることはありません。

ただ、虫歯にならないからといって歯磨きを適当にしてしまっても良いというわけではないので、その点には注意しましょう。たしかに虫歯にはならないのですが、インプラントに歯垢が付着した状態にしておくと、その周辺に病変が起きてしまうからです。

最初のうちは歯肉炎のような感じなので、綺麗に周囲をクリーニングすれば治療を終えることも十分可能です。しかしそのまま放置してしまうとインプラント周囲炎となり、結果的に骨まで感染が広がってしまうことがあります。

歯周病の場合、抜歯を必要とするケースが出てきますが、インプラントも周囲炎を発症してそのままにすると手術を受けたにもかかわらず、除去しなければならなくなる可能性もあります。つまり、人工の歯であっても、天然の歯であっても、しっかりと表面に歯垢がつかないように正しいプラークコントロールを行うことが重要です。

また、インプラントの表面には溝があるので、綺麗にクリーニングしても感染を取り切ることができない場合もあり、治療はかなり大変です。早期発見早期治療が重要なので、しっかりと定期的にメンテナンスを行い、口内環境を正常な状態に保ちましょう。

 

適切な口内ケアが必要

インプラントを行う場合は、まずは口内環境を正常にしておく必要があるので、歯周病の人はまずはそれを治すところから始めます。そして口内環境が良くなると、ようやく人工歯根を埋め込むことができるようになりますが、手術が終わったら、今後のメンテナンスが必要ないというわけではありません。

たしかに失った歯を補うことはでき、見た目にも良くなり、さらに咀嚼自体も以前のようにできるようにはなります。しかしあくまでもそれは見た目と咀嚼を取り戻すことができたにすぎず、今までと同じ手入れをしていれば、再び歯周病を発症してしまう可能性は十分あります。

なぜなら、いくら歯を綺麗に整えたとしても、口内の環境は以前の通りトラブルを起こしやすい状態のままだからです。だから、今まで通りのことをしていれば、再び虫歯になってしまうし、歯周病を引き起こしてしまう可能性は十分あります。

もちろんインプラントであれば虫歯になったりすることもありませんが、歯茎自体は歯垢によって炎症を起こしてしまうので注意が必要です。したがって、まだ歯が残っている人はその歯をそのまま残すことができるようにするためにも丁寧な手入れを心がけましょう。

また手術によって綺麗な歯を手に入れた場合も、定期的なメンテナンスのために病院に通い、口内環境も診てもらうべきです。そうして定期的なメンテナンスを行うことによって、口の中のトラブルが起きてしまう可能性は格段に減っていくからです。

 

人工の歯にしたからもうメンテナンスをする必要はないというのではなく、自分の歯でも人工の歯でも、丁寧にブラッシングをして歯垢を除去しなければなりません。そうして日頃からケアすることで、口内環境を正常に保つことも十分可能となり、余計なトラブルを起こさずに済むからです。

また定期的にチェックすればもしトラブルが起きたとしても早期治療が可能となるので、重症化を防ぐことにもつながります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【埼玉】インプラント歯科医院ランキング!
浅賀歯科医院の画像
第3位 みさわ歯科
記事一覧